新しいレシピ

ポアオーバーコーヒーの物語は1908年にドイツで始まりました

ポアオーバーコーヒーの物語は1908年にドイツで始まりました


ポアオーバーコーヒーは、ここ数年、コーヒーショップだけでなく家庭でも急速に人気を博していますが、ドイツの主婦のインスピレーションが100年以上なければ、この醸造技術は不可能だったかもしれません。前に。

「20世紀初頭、ヨーロッパではコーヒーの人気が高まっていました」と、ハンブルクの南西約100マイルにあるドイツのミンデンのメリタグループの企業/オンラインコミュニケーションと持続可能性を担当するサラクリスルは説明します。当時の醸造方法はコーヒーに根拠を残し、完成品は非常に苦いものでした。」

ドレスデン出身のメリタ・ベンツという主婦は、ある日1908年にアイデアを思いつきました。「彼女は真ちゅう製の鍋の底に穴を開け、息子のノートから吸い取り紙をその中に入れました」とクリスルは言います。 「それから彼女は紙の上に挽いたコーヒーを加え、地面に水を注ぎました。それが紙のコーヒーフィルターの誕生でした。」

ベンツと彼女の夫であるヒューゴは、すぐに「濾紙で裏打ちされたフィルタートップ装置」の特許を取得し、ドレスデンの貿易事務所に発明の製造と販売のための会社を登録しました。同社は1911年と1913年に追加の特許を登録しました。

「発明を徹底的にテストし、さらに改善を加えた後、メリッタとヒューゴベンツは、コーヒーフィルターシステムを実証するために、家庭用品、デパート、見本市を販売する店舗を訪問し始めました。」発明の人気が高まるにつれ、ドレスデンで開催された国際衛生博覧会で金メダルと銀メダルを獲得しました。 1914年、同社は新しい施設に移転し、より大型の機械に投資し、15人を雇用しました。 1930年、ベンツはフィルターを円錐形に再設計しました。

ベンツは1950年に亡くなりましたが、クリスル氏は「メリタは成長を続け、長年にわたって他のさまざまな製品を開発してきました」と述べています。同社はまた、コーヒーの焙煎と包装にも進出しました。 「1962年に、メリタはドイツ市場で真空シールされたパッケージで挽いたコーヒーを提供した最初の会社でした」とクリスルは言います。現在、同社には3,500人以上の従業員がいます。

NSMelittaフィルターに使用される紙(現在は未漂白の木材パルプから作られた茶色のフィルターと、塩素の代わりに酸素で漂白されたパルプから作られた白いフィルターが含まれています)は、ドイツ、ブラジル、および米国で製造されています。同社がフロリダ州クリアウォーターに米国本社を置いている米国で販売されているフィルターは、主に南部の松から作られ、完全に堆肥にできます。 Melittaは、カートンの梱包にも再生板紙を使用しています。

同社は革新を続けており、コーヒーやフィルターだけでなく、コーヒーマシン(自動エスプレッソマシンを含む)やアクセサリー、掃除機バッグ、ペーパータオル、ホイルなどのコーヒー以外のアイテムを含むさまざまな製品を提供しています。食品を新鮮に保つためのフィルム。 Melittaは、その名を冠した創設者のあぶらとり紙と真ちゅう製の鉢から長い道のりを歩んできました。


コーヒーのカフェイン入りの歴史

彼女のウェブサイトToriAvey.comで、Tori Aveyは、食べ物の裏話と、私たちが食べるものを食べる理由、さまざまな文化のレシピがどのように進化したか、そして昨日のレシピが今日のキッチンで私たちにどのように刺激を与えることができるかを探ります。 ToriとTheHistoryKitchenの詳細をご覧ください。

石油に次ぐ、コーヒーは世界で最も価値のある合法的に取引されている商品です。私たちはそれを愛し、それを信頼し、そしてそれを大量に飲みます。世界中で毎日22億5000万杯のコーヒーが消費されていると推定されています。ニューヨーカーは他の米国の都市の7倍の量を飲むと言われているため、マンハッタンの隅々にスターバックスがあるように見えるかもしれません。有名なフランスの作家で哲学者のヴォルテールは、1日あたり40&#821150杯を飲んだと噂されていました。コーヒーは、世界中の何百万人もの人間の生活の中で毎日の儀式です。このカフェイン化された現象はどこから始まったのですか?

何世紀にもわたって出回っているほとんどの食品と同様に、コーヒーの始まりは謎と伝承に包まれています。エチオピアで人気のある伝説があります。カルディという名前のヤギ飼いが、コーヒーの低木の赤い果実を食べた後、ヤギが戯れ、元気いっぱいになっているのを発見しました。カルディは自分で果物を試し、同様の反応を示しました。彼らの奇妙な行動を目撃した後、僧侶は果物の一部を仲間の僧侶に戻し、彼らも夜を目覚めさせて警戒しました。もちろん、彼らはコーヒーの高用量のカフェインに反応していたでしょう。この天然の刺激物は、生来の植物農薬としても機能し、コーヒー果実を昆虫から保護します。

コーヒーが私たちの朝の飲み物になる前は、さまざまな準備で登場していました。最も基本的な未加工の形のコーヒーはチェリーのような果実であり、熟したコーヒー豆が赤いコーヒー果実の中心にあると赤くなります。早い段階で、果物は動物性脂肪と混合されて、タンパク質が豊富なスナックバーを作成しました。ある時点で、発酵パルプを使用してワインのような調合を行いました。チョコレートが登場する前は、カカオの果実から同様の飲料が作られていました。これは、人間が吸収する新しい方法を見つけることに特に長けていることを示しています。西暦1000年頃に登場した別の飲み物は、豆と殻を含むコーヒーの果実全体から作られました。人々がコーヒー豆を焙煎し始めたのは13世紀になってからでした。これは、今日私たちが知っているコーヒーを作るプロセスの最初のステップです。

&#8220coffee&#8221という言葉は、いくつかの言語に由来しています。イエメンではそれは名前を獲得しました qahwah、もともとはワインのロマンチックな用語でした。それは後にトルコ語になりました kahveh、次にオランダ語 コーヒー そして最後に コーヒー 英語で。

焙煎コーヒーの現代版はアラビアで生まれました。 13世紀の間、コーヒーはその刺激力でイスラム教徒のコミュニティに非常に人気があり、長い祈りのセッションで役立つことが証明されました。コーヒー豆を乾かして沸騰させ、不妊にすることで、アラブ人はコーヒー作物で市場を追い詰めることができました。実際、伝統によれば、1600年代にインドの巡礼者であるババ・ブーダンが肥沃な豆を腹部のストラップに固定してメッカを離れるまで、アラビアやアフリカの外にはコーヒーノキは1つも存在しませんでした。ババの豆は、新しく競争力のあるヨーロッパのコーヒー貿易をもたらしました。

1616年、オランダ人はスリランカに最初のヨーロッパ所有のコーヒー農園を設立し、1696年にセイロン、ジャワの順で設立しました。フランス人はカリブ海でコーヒーを栽培し始め、続いて中央アメリカでスペイン人、ブラジルでポルトガル人が栽培を始めました。ヨーロッパのコーヒーハウスはイタリア、そして後にフランスで生まれ、そこで彼らは新しいレベルの人気に達しました。今、それはデです rigueur パリの人々がパリ中の数多くのコーヒーカフェでコーヒーとバゲットまたはクロワッサンを楽しむために。

コーヒー植物は18世紀初頭に新世界に到達しましたが、お茶からコーヒーへの切り替えが愛国的な義務となった1773年のボストン茶会事件まで、この飲み物はアメリカではあまり人気がありませんでした。兵士がエネルギーを高めるためにカフェインに依存していたため、南北戦争やその後の紛争もコーヒーの消費量を増やすのに役立ちました。ここで少し遅れて始まったかもしれませんが、アメリカ人は世界の他の地域と同じようにコーヒーを愛しています。テディ・ルーズベルト自身は、毎日1ガロンのコーヒーを消費していると噂されているため、アメリカの素晴らしいコーヒーを飲む人に数えられています。ルーズベルトは、テネシー州のアンドリュージャクソンの歴史的な家、エルミタージュでコーヒーを提供された後、マクスウェルハウスの有名な「最後の一滴まで」のスローガンを作り出したとも言われています。

1800年代後半までに、コーヒーは世界的な商品になり、起業家は人気のある飲料から利益を得る新しい方法を探し始めました。 1864年、ピッツバーグの兄弟であるジョンとチャールズアーバックルは、新しく発明された自己排出型コーヒー豆焙煎機であるジャベツバーンズを購入しました。アーバックル兄弟は、事前に焙煎したコーヒーを紙袋に入れてポンド単位で販売し始めました。彼らは自分たちのコーヒーに「アリオサ」という名前を付け、アメリカ西部のカウボーイに販売することに大きな成功を収めました。ジェームズ・フォルジャーが追随し、カリフォルニアの金鉱夫にコーヒーを販売し始めるのはそう長くはありませんでした。これは、マクスウェルハウスやヒルズブラザーズを含む他のいくつかの有名なコーヒー生産者の道を切り開いた。

1960年代に、スペシャルティコーヒーに対する一定の意識が高まり始め、1971年にシアトルで最初のスターバックスがオープンしました。今日、草の根のコーヒー運動は、持続可能な地元の自慢の小さな個人経営のカフェの増加とともに成長を続けています。ローストしたフェアトレードの豆。コーヒーは、ワインのように、フレーバーとテロワールの複雑さで評価される芸術的な取引になりました。

シンプルなブラックコーヒーから複雑で形容詞の多いスターバックスの注文まで、コーヒーを飲む人はそれぞれ、このカフェイン入りの不思議な飲み物にふける独自のお気に入りの方法を持っています。ここでは、この古代の飲み物を楽しむためのいくつかの新しい方法を提供する、コーヒーに着想を得た6つのレシピを紹介します。


コーヒーのカフェイン入りの歴史

彼女のウェブサイトToriAvey.comで、Tori Aveyは、食べ物の裏話と、私たちが食べるものを食べる理由、さまざまな文化のレシピがどのように進化したか、そして昨日のレシピが今日のキッチンで私たちにどのように刺激を与えることができるかを探ります。 ToriとTheHistoryKitchenの詳細をご覧ください。

石油に次ぐ、コーヒーは世界で最も価値のある合法的に取引されている商品です。私たちはそれを愛し、それを信頼し、そしてそれを大量に飲みます。世界中で毎日22億5000万杯のコーヒーが消費されていると推定されています。ニューヨーカーは他の米国の都市の7倍の量を飲むと言われているため、マンハッタンの隅々にスターバックスがあるように見えるかもしれません。有名なフランスの作家で哲学者のヴォルテールは、1日あたり40&#821150杯を飲んだと噂されていました。コーヒーは、世界中の何百万人もの人間の生活の中で毎日の儀式です。このカフェイン化された現象はどこから始まったのですか?

何世紀にもわたって出回っているほとんどの食品と同様に、コーヒーの始まりは謎と伝承に包まれています。エチオピアで人気のある伝説があります。カルディという名前のヤギ飼いが、コーヒーの低木の赤い果実を食べた後、ヤギが戯れ、元気いっぱいになっているのを発見しました。カルディは自分で果物を試し、同様の反応を示しました。彼らの奇妙な行動を目撃した後、僧侶は果物の一部を仲間の僧侶に戻し、彼らも夜を目覚めさせて警戒しました。もちろん、彼らはコーヒーの高用量のカフェインに反応していたでしょう。この天然の刺激物は、生来の植物農薬としても機能し、コーヒー果実を昆虫から保護します。

コーヒーが私たちの朝の飲み物になる前は、さまざまな準備で登場していました。最も基本的な未加工の形のコーヒーはチェリーのような果実であり、熟したコーヒー豆が赤いコーヒー果実の中心にあると赤くなります。早い段階で、果物は動物性脂肪と混合されて、タンパク質が豊富なスナックバーを作成しました。ある時点で、発酵パルプを使用してワインのような調合を行いました。チョコレートが登場する前は、カカオの果実から同様の飲料が作られていました。これは、人間が吸収する新しい方法を見つけることに特に長けていることを示しています。西暦1000年頃に登場した別の飲み物は、豆と殻を含むコーヒーの果実全体から作られました。人々がコーヒー豆を焙煎し始めたのは13世紀になってからでした。これは、今日私たちが知っているコーヒーを作るプロセスの最初のステップです。

&#8220coffee&#8221という言葉は、いくつかの言語に由来しています。イエメンではそれは名前を獲得しました qahwah、もともとはワインのロマンチックな用語でした。それは後にトルコ語になりました kahveh、次にオランダ語 コーヒー そして最後に コーヒー 英語で。

焙煎コーヒーの現代版はアラビアで生まれました。 13世紀の間、コーヒーはその刺激力でイスラム教徒のコミュニティに非常に人気があり、長い祈りのセッションで役立つことが証明されました。コーヒー豆を乾かして沸騰させ、不妊にすることで、アラブ人はコーヒー作物で市場を追い詰めることができました。実際、伝統によれば、1600年代にインドの巡礼者であるババ・ブーダンが肥沃な豆を腹部のストラップに固定してメッカを離れるまで、アラビアやアフリカの外にはコーヒーノキは1つも存在しませんでした。ババの豆は、新しく競争力のあるヨーロッパのコーヒー貿易をもたらしました。

1616年、オランダ人はスリランカで最初のヨーロッパ所有のコーヒー農園を設立し、1696年にセイロン、ジャワの順で設立しました。フランス人はカリブ海でコーヒーを栽培し始め、続いて中央アメリカでスペイン人、ブラジルでポルトガル人が栽培を始めました。ヨーロッパのコーヒーハウスはイタリア、そして後にフランスで生まれ、そこで彼らは新しいレベルの人気に達しました。今、それはデです rigueur パリの人々がパリ中の数多くのコーヒーカフェでコーヒーとバゲットまたはクロワッサンを楽しむために。

コーヒー植物は18世紀初頭に新世界に到達しましたが、お茶からコーヒーへの切り替えが愛国的な義務となった1773年のボストン茶会事件まで、この飲み物はアメリカではあまり人気がありませんでした。兵士がエネルギーを高めるためにカフェインに依存していたため、南北戦争やその後の紛争もコーヒーの消費量を増やすのに役立ちました。ここで少し遅れて始まったかもしれませんが、アメリカ人は世界の他の地域と同じようにコーヒーを愛しています。テディ・ルーズベルト自身は、毎日1ガロンのコーヒーを消費していると噂されているため、アメリカの素晴らしいコーヒーを飲む人に数えられています。ルーズベルトは、テネシー州のアンドリュージャクソンの歴史的な家、エルミタージュでコーヒーを提供された後、マクスウェルハウスの有名な「最後の一滴まで」のスローガンを作り出したとも言われています。

1800年代後半までに、コーヒーは世界的な商品になり、起業家は人気のある飲料から利益を得る新しい方法を探し始めました。 1864年、ピッツバーグの兄弟であるジョンとチャールズアーバックルは、新しく発明された自己排出型コーヒー豆焙煎機であるジャベツバーンズを購入しました。アーバックル兄弟は、事前に焙煎したコーヒーを紙袋に入れてポンド単位で販売し始めました。彼らは自分たちのコーヒーに「アリオサ」という名前を付け、アメリカ西部のカウボーイに販売することに大きな成功を収めました。ジェームズ・フォルジャーが追随し、カリフォルニアの金鉱夫にコーヒーを販売し始めるのはそう長くはありませんでした。これは、マクスウェルハウスやヒルズブラザーズを含む他のいくつかの有名なコーヒー生産者の道を切り開いた。

1960年代に、スペシャルティコーヒーに対する一定の意識が高まり始め、1971年にシアトルで最初のスターバックスがオープンしました。今日、草の根のコーヒー運動は、持続可能な地元の自慢の小さな個人経営のカフェの増加とともに成長を続けています。ローストしたフェアトレードの豆。コーヒーは、ワインのように、フレーバーとテロワールの複雑さで評価される芸術的な取引になりました。

シンプルなブラックコーヒーから複雑で形容詞の多いスターバックスの注文まで、コーヒーを飲む人はそれぞれ、このカフェイン入りの不思議な飲み物にふける独自のお気に入りの方法を持っています。ここでは、この古代の飲み物を楽しむためのいくつかの新しい方法を提供する、コーヒーに着想を得た6つのレシピを紹介します。


コーヒーのカフェイン入りの歴史

彼女のウェブサイトToriAvey.comで、Tori Aveyは、食べ物の裏話と、私たちが食べるものを食べる理由、さまざまな文化のレシピがどのように進化したか、そして昨日のレシピが今日のキッチンで私たちにどのように刺激を与えることができるかを探ります。 ToriとTheHistoryKitchenの詳細をご覧ください。

石油に次ぐ、コーヒーは世界で最も価値のある合法的に取引されている商品です。私たちはそれを愛し、それを信頼し、そしてそれを大量に飲みます。世界中で毎日22億5000万杯のコーヒーが消費されていると推定されています。ニューヨーカーは他の米国の都市の7倍の量を飲むと言われているため、マンハッタンの隅々にスターバックスがあるように見えるかもしれません。有名なフランスの作家で哲学者のヴォルテールは、1日あたり40&#821150杯を飲んだと噂されていました。コーヒーは、世界中の何百万人もの人間の生活の中で毎日の儀式です。このカフェイン化された現象はどこから始まったのですか?

何世紀にもわたって出回っているほとんどの食品と同様に、コーヒーの始まりは謎と伝承に包まれています。エチオピアで人気のある伝説があります。カルディという名前のヤギ飼いが、コーヒーの低木の赤い果実を食べた後、ヤギが戯れ、元気いっぱいになっているのを発見しました。カルディは自分で果物を試し、同様の反応を示しました。彼らの奇妙な行動を目撃した後、僧侶は果物の一部を仲間の僧侶に戻し、彼らも夜を目覚めさせて警戒しました。もちろん、彼らはコーヒーの高用量のカフェインに反応していたでしょう。この天然の刺激物は、生来の植物農薬としても機能し、コーヒー果実を昆虫から保護します。

コーヒーが私たちの朝の飲み物になる前は、さまざまな準備で登場していました。最も基本的な未加工の形のコーヒーはチェリーのような果実であり、熟したコーヒー豆が赤いコーヒー果実の中心にあると赤くなります。早い段階で、果物は動物性脂肪と混合されて、タンパク質が豊富なスナックバーを作成しました。ある時点で、発酵パルプを使用してワインのような調合を行いました。チョコレートが登場する前は、カカオの果実から同様の飲料が作られていました。これは、人間が吸収する新しい方法を見つけることに特に長けていることを示しています。西暦1000年頃に登場した別の飲み物は、豆と殻を含むコーヒーの果実全体から作られました。人々がコーヒー豆を焙煎し始めたのは13世紀になってからでした。これは、今日私たちが知っているコーヒーを作るプロセスの最初のステップです。

&#8220coffee&#8221という言葉は、いくつかの言語に由来しています。イエメンではそれは名前を獲得しました qahwah、もともとはワインのロマンチックな用語でした。それは後にトルコ語になりました kahveh、次にオランダ語 コーヒー そして最後に コーヒー 英語で。

焙煎コーヒーの現代版はアラビアで生まれました。 13世紀の間、コーヒーはその刺激力でイスラム教徒のコミュニティに非常に人気があり、長い祈りのセッションで役立つことが証明されました。コーヒー豆を乾かして沸騰させ、不妊にすることで、アラブ人はコーヒー作物で市場を追い詰めることができました。実際、伝統によれば、1600年代にインドの巡礼者であるババ・ブーダンが肥沃な豆を腹部のストラップに固定してメッカを離れるまで、アラビアやアフリカの外にはコーヒーノキは1つも存在しませんでした。ババの豆は、新しく競争力のあるヨーロッパのコーヒー貿易をもたらしました。

1616年、オランダ人はスリランカで最初のヨーロッパ所有のコーヒー農園を設立し、1696年にセイロン、ジャワの順で設立しました。フランス人はカリブ海でコーヒーを栽培し始め、続いて中央アメリカでスペイン人、ブラジルでポルトガル人が栽培を始めました。ヨーロッパのコーヒーハウスはイタリア、そして後にフランスで生まれ、そこで彼らは新しいレベルの人気に達しました。今、それはデです rigueur パリの人々がパリ中の数多くのコーヒーカフェでコーヒーとバゲットまたはクロワッサンを楽しむために。

コーヒー植物は18世紀初頭に新世界に到達しましたが、お茶からコーヒーへの切り替えが愛国的な義務となった1773年のボストン茶会事件まで、この飲み物はアメリカではあまり人気がありませんでした。兵士がエネルギーを高めるためにカフェインに依存していたため、南北戦争やその後の紛争もコーヒーの消費量を増やすのに役立ちました。ここで少し遅れて始まったかもしれませんが、アメリカ人は世界の他の地域と同じようにコーヒーを愛しています。テディ・ルーズベルト自身は、毎日1ガロンのコーヒーを消費していると噂されているため、アメリカの素晴らしいコーヒーを飲む人に数えられています。ルーズベルトは、テネシー州のアンドリュージャクソンの歴史的な家、エルミタージュでコーヒーを提供された後、マクスウェルハウスの有名な「最後の一滴まで」のスローガンを作り出したとも言われています。

1800年代後半までに、コーヒーは世界的な商品になり、起業家は人気のある飲料から利益を得る新しい方法を探し始めました。 1864年、ピッツバーグの兄弟であるジョンとチャールズアーバックルは、新しく発明された自己排出型コーヒー豆焙煎機であるジャベツバーンズを購入しました。アーバックル兄弟は、事前に焙煎したコーヒーを紙袋に入れてポンド単位で販売し始めました。彼らは自分たちのコーヒーに「アリオサ」という名前を付け、アメリカ西部のカウボーイに販売することに大きな成功を収めました。ジェームズ・フォルジャーが追随し、カリフォルニアの金鉱夫にコーヒーを販売し始めるのはそう長くはありませんでした。これは、マクスウェルハウスやヒルズブラザーズを含む他のいくつかの有名なコーヒー生産者の道を切り開いた。

1960年代に、スペシャルティコーヒーに対する一定の意識が高まり始め、1971年にシアトルで最初のスターバックスがオープンしました。今日、草の根のコーヒー運動は、持続可能な地元の自慢の小さな個人経営のカフェの増加とともに成長を続けています。ローストしたフェアトレードの豆。コーヒーは、ワインのように、フレーバーとテロワールの複雑さで評価される芸術的な取引になりました。

シンプルなブラックコーヒーから複雑で形容詞の多いスターバックスの注文まで、コーヒーを飲む人はそれぞれ、このカフェイン入りの不思議な飲み物にふける独自のお気に入りの方法を持っています。ここでは、この古代の飲み物を楽しむためのいくつかの新しい方法を提供する、コーヒーに着想を得た6つのレシピを紹介します。


コーヒーのカフェイン入りの歴史

彼女のウェブサイトToriAvey.comで、Tori Aveyは、食べ物の裏話と、私たちが食べるものを食べる理由、さまざまな文化のレシピがどのように進化したか、そして昨日のレシピが今日のキッチンで私たちにどのように刺激を与えることができるかを探ります。 ToriとTheHistoryKitchenの詳細をご覧ください。

石油に次ぐ、コーヒーは世界で最も価値のある合法的に取引されている商品です。私たちはそれを愛し、それを信頼し、そしてそれを大量に飲みます。世界中で毎日22億5000万杯のコーヒーが消費されていると推定されています。ニューヨーカーは他の米国の都市の7倍の量を飲むと言われているため、マンハッタンの隅々にスターバックスがあるように見えるかもしれません。有名なフランスの作家で哲学者のヴォルテールは、1日あたり40&#821150杯を飲んだと噂されていました。コーヒーは、世界中の何百万人もの人間の生活の中で毎日の儀式です。このカフェイン化された現象はどこから始まったのですか?

何世紀にもわたって出回っているほとんどの食品と同様に、コーヒーの始まりは謎と伝承に包まれています。エチオピアで人気のある伝説があります。カルディという名前のヤギ飼いが、コーヒーの低木の赤い果実を食べた後、ヤギが戯れ、元気いっぱいになっているのを発見しました。カルディは自分で果物を試し、同様の反応を示しました。彼らの奇妙な行動を目撃した後、僧侶は果物の一部を仲間の僧侶に戻し、彼らも夜を目覚めさせて警戒しました。もちろん、彼らはコーヒーの高用量のカフェインに反応していたでしょう。この天然の刺激物は、生来の植物農薬としても機能し、コーヒー果実を昆虫から保護します。

コーヒーが私たちの朝の飲み物になる前は、さまざまな準備で登場していました。最も基本的な未加工の形のコーヒーはチェリーのような果実であり、熟したコーヒー豆が赤いコーヒー果実の中心にあると赤くなります。早い段階で、果物は動物性脂肪と混合されて、タンパク質が豊富なスナックバーを作成しました。ある時点で、発酵パルプを使用してワインのような調合を行いました。チョコレートが登場する前は、カカオの果実から同様の飲料が作られていました。これは、人間が吸収する新しい方法を見つけることに特に長けていることを示しています。西暦1000年頃に登場した別の飲み物は、豆と殻を含むコーヒーの果実全体から作られました。人々がコーヒー豆を焙煎し始めたのは13世紀になってからでした。これは、今日私たちが知っているコーヒーを作るプロセスの最初のステップです。

&#8220coffee&#8221という言葉は、いくつかの言語に由来しています。イエメンではそれは名前を獲得しました qahwah、もともとはワインのロマンチックな用語でした。それは後にトルコ語になりました kahveh、次にオランダ語 コーヒー そして最後に コーヒー 英語で。

焙煎コーヒーの現代版はアラビアで生まれました。 13世紀の間、コーヒーはその刺激力でイスラム教徒のコミュニティに非常に人気があり、長い祈りのセッションで役立つことが証明されました。コーヒー豆を乾かして沸騰させ、不妊にすることで、アラブ人はコーヒー作物で市場を追い詰めることができました。実際、伝統によれば、1600年代にインドの巡礼者であるババ・ブーダンが肥沃な豆を腹部のストラップに固定してメッカを離れるまで、アラビアやアフリカの外にはコーヒーノキは1つも存在しませんでした。ババの豆は、新しく競争力のあるヨーロッパのコーヒー貿易をもたらしました。

1616年、オランダ人はスリランカで最初のヨーロッパ所有のコーヒー農園を設立し、1696年にセイロン、ジャワの順で設立しました。フランス人はカリブ海でコーヒーを栽培し始め、続いて中央アメリカでスペイン人、ブラジルでポルトガル人が栽培を始めました。ヨーロッパのコーヒーハウスはイタリア、そして後にフランスで生まれ、そこで彼らは新しいレベルの人気に達しました。今、それはデです rigueur パリの人々がパリ中の数多くのコーヒーカフェでコーヒーとバゲットまたはクロワッサンを楽しむために。

コーヒー植物は18世紀初頭に新世界に到達しましたが、お茶からコーヒーへの切り替えが愛国的な義務となった1773年のボストン茶会事件まで、この飲み物はアメリカではあまり人気がありませんでした。兵士がエネルギーを高めるためにカフェインに依存していたため、南北戦争やその後の紛争もコーヒーの消費量を増やすのに役立ちました。ここで少し遅れて始まったかもしれませんが、アメリカ人は世界の他の地域と同じようにコーヒーを愛しています。テディ・ルーズベルト自身は、毎日1ガロンのコーヒーを消費していると噂されているため、アメリカの素晴らしいコーヒーを飲む人に数えられています。ルーズベルトは、テネシー州のアンドリュージャクソンの歴史的な家、エルミタージュでコーヒーを提供された後、マクスウェルハウスの有名な「最後の一滴まで」のスローガンを作り出したとも言われています。

1800年代後半までに、コーヒーは世界的な商品になり、起業家は人気のある飲料から利益を得る新しい方法を探し始めました。 1864年、ピッツバーグの兄弟であるジョンとチャールズアーバックルは、新しく発明された自己排出型コーヒー豆焙煎機であるジャベツバーンズを購入しました。アーバックル兄弟は、事前に焙煎したコーヒーを紙袋に入れてポンド単位で販売し始めました。彼らは自分たちのコーヒーに「アリオサ」という名前を付け、アメリカ西部のカウボーイに販売することに大きな成功を収めました。ジェームズ・フォルジャーが追随し、カリフォルニアの金鉱夫にコーヒーを販売し始めるのはそう長くはありませんでした。これは、マクスウェルハウスやヒルズブラザーズを含む他のいくつかの有名なコーヒー生産者の道を切り開いた。

1960年代に、スペシャルティコーヒーに対する一定の意識が高まり始め、1971年にシアトルで最初のスターバックスがオープンしました。今日、草の根のコーヒー運動は、持続可能な地元の自慢の小さな個人経営のカフェの増加とともに成長を続けています。ローストしたフェアトレードの豆。コーヒーは、ワインのように、フレーバーとテロワールの複雑さで評価される芸術的な取引になりました。

シンプルなブラックコーヒーから複雑で形容詞の多いスターバックスの注文まで、コーヒーを飲む人はそれぞれ、このカフェイン入りの不思議な飲み物にふける独自のお気に入りの方法を持っています。ここでは、この古代の飲み物を楽しむためのいくつかの新しい方法を提供する、コーヒーに着想を得た6つのレシピを紹介します。


コーヒーのカフェイン入りの歴史

彼女のウェブサイトToriAvey.comで、Tori Aveyは、食べ物の裏話と、私たちが食べるものを食べる理由、さまざまな文化のレシピがどのように進化したか、そして昨日のレシピが今日のキッチンでどのように私たちを刺激することができるかを探ります。 ToriとTheHistoryKitchenの詳細をご覧ください。

石油に次ぐ、コーヒーは世界で最も価値のある合法的に取引されている商品です。私たちはそれを愛し、それを信頼し、そしてそれを大量に飲みます。世界中で毎日22億5000万杯のコーヒーが消費されていると推定されています。ニューヨーカーは他の米国の都市の7倍の量を飲むと言われているため、マンハッタンの隅々にスターバックスがあるように見えるかもしれません。有名なフランスの作家で哲学者のヴォルテールは、1日あたり40&#821150杯を飲んだと噂されていました。コーヒーは、世界中の何百万人もの人間の生活の中で毎日の儀式です。このカフェイン化された現象はどこから始まったのですか?

何世紀にもわたって出回っているほとんどの食品と同様に、コーヒーの始まりは謎と伝承に包まれています。エチオピアで人気のある伝説があります。カルディという名前のヤギ飼いが、コーヒーの低木の赤い果実を食べた後、ヤギが戯れ、元気いっぱいになっているのを発見しました。カルディは自分で果物を試し、同様の反応を示しました。彼らの奇妙な行動を目撃した後、僧侶は果物の一部を彼の仲間の僧侶に戻し、彼らも夜を目覚めさせて警戒しました。もちろん、彼らはコーヒーの高用量のカフェインに反応していたでしょう。この天然の刺激物は、生来の植物農薬としても機能し、コーヒー果実を昆虫から保護します。

コーヒーが私たちの朝の飲み物になる前は、さまざまな準備で登場していました。最も基本的な未加工の形のコーヒーはチェリーのような果実であり、熟したコーヒー豆が赤いコーヒー果実の中心にあると赤くなります。早い段階で、果物は動物性脂肪と混合されて、タンパク質が豊富なスナックバーを作成しました。ある時点で、発酵パルプを使用してワインのような調合を行いました。チョコレートが登場する前は、カカオの果実から同様の飲料が作られていました。これは、人間が吸収する新しい方法を見つけることに特に長けていることを示しています。西暦1000年頃に登場した別の飲み物は、豆と殻を含むコーヒーの果実全体から作られました。人々がコーヒー豆を焙煎し始めたのは13世紀になってからでした。これは、今日私たちが知っているコーヒーを作るプロセスの最初のステップです。

&#8220coffee&#8221という言葉は、いくつかの言語に由来しています。イエメンではそれは名前を獲得しました qahwah、もともとはワインのロマンチックな用語でした。それは後にトルコ語になりました kahveh、次にオランダ語 コーヒー そして最後に コーヒー 英語で。

焙煎コーヒーの現代版はアラビアで生まれました。 13世紀の間、コーヒーはその刺激力でイスラム教徒のコミュニティに非常に人気があり、長い祈りのセッションで役立つことが証明されました。コーヒー豆を乾かして沸騰させ、不妊にすることで、アラブ人はコーヒー作物で市場を追い詰めることができました。実際、伝統によれば、1600年代にインドの巡礼者であるババ・ブーダンが肥沃な豆を腹部のストラップに固定してメッカを離れるまで、アラビアやアフリカの外にはコーヒーノキは1つも存在しませんでした。 Baba’s beans resulted in a new and competitive European coffee trade.

In 1616, the Dutch founded the first European-owned coffee estate in Sri Lanka, then Ceylon, then Java in 1696. The French began growing coffee in the Caribbean, followed by the Spanish in Central America and the Portuguese in Brazil. European coffee houses sprang up in Italy and later France, where they reached a new level of popularity. Now, it is de rigueur for Parisians to indulge in a cup of coffee and a baguette or croissant at the numerous coffee cafes throughout Paris.

Coffee plants reached the New World during the early 18th century, though the drink wasn’t really popular in America until the Boston Tea Party of 1773, when making the switch from tea to coffee became something of a patriotic duty. The Civil War and other conflicts that followed also helped to increase coffee consumption, as soldiers relied on the caffeine for a boost of energy. It may have started a bit later here, but Americans love coffee just as much as the rest of the world. Teddy Roosevelt himself is counted among America’s great coffee drinkers due to his rumored consumption of a gallon of coffee daily! Roosevelt is also said to have coined Maxwell House’s famous “Good to the Last Drop” slogan after being served the coffee at Andrew Jackson’s historical home, the Hermitage, in Tennessee.

By the late 1800s, coffee had become a worldwide commodity, and entrepreneurs began looking for new ways to profit from the popular beverage. In 1864, John and Charles Arbuckle, brothers from Pittsburgh, purchased Jabez Burns’ newly invented self-emptying coffee bean roaster. The Arbuckle brothers began selling pre-roasted coffee in paper bags by the pound. They named their coffee “Ariosa,” and found great success selling it to the cowboys of the American West. It wasn’t long before James Folger followed suit and began selling coffee to the gold miners of California. This blazed the trail for several other big name coffee producers, including Maxwell House and Hills Brothers.

In the 1960s, a certain awareness for specialty coffee started to grow, inspiring the opening of the first Starbucks in Seattle in 1971. Today, the grass-roots coffee movement continues to grow with the increase of small independently-owned cafes boasting sustainable, locally roasted, fair trade beans. Coffee has become an artistic trade that is valued for its complexity of flavors and terroir, much like wine.

From a simple cup of black coffee to a complex, multi-adjective Starbucks order, each coffee drinker has their own favorite way of indulging in this caffeinated wonder-drink. Here are six coffee-inspired recipes that will give you some new ways to enjoy this ancient beverage.


The Caffeinated History of Coffee

On her website ToriAvey.com, Tori Avey explores the story behind the food — why we eat what we eat, how the recipes of different cultures have evolved, and how yesterday’s recipes can inspire us in the kitchen today. Learn more about Tori and The History Kitchen.

Second only to oil, coffee is the most valuable legally traded commodity in the world. We love it, we rely on it, and we drink it in massive quantities. It is estimated that 2.25 billion cups of coffee are consumed each day worldwide. New Yorkers are said to drink 7 times the amount of any other U.S. city, which is why it may seem like there is a Starbucks on every corner of Manhattan. Famed French writer and philosopher Voltaire was rumored to have drunk 40 – 50 cups per day. Coffee is a daily ritual in the lives of millions of humans around the globe. Where exactly did this caffeinated phenomenon begin?

As with most foods that have been around for centuries, coffee’s beginnings are enveloped in mystery and lore. There is a popular Ethiopian legend wherein coffee is discovered by a goat herder named Kaldi, who found his goats frolicking and full of energy after eating the red fruit of the coffee shrub. Kaldi tried the fruit for himself and had a similar reaction. After witnessing their strange behavior, a monk took some of the fruit back to his fellow monks they too spent the night awake and alert. Of course, they would have been reacting to coffee’s high dose of caffeine. This natural stimulant also serves as an inborn plant pesticide, protecting the coffee fruit from insects.

Before coffee became our morning beverage of choice, it appeared in a variety of different preparations. In its most basic, unprocessed form, coffee is a cherry-like fruit, which becomes red when ripe the coffee bean is found at the center of the red coffee fruit. Early on, the fruit were mixed with animal fat to create a protein rich snack bar. At one point, the fermented pulp was used to make a wine-like concoction incidentally, a similar beverage was made from the cacao fruit, before the advent of chocolate, which goes to show that humans are especially adept at finding new ways to imbibe. Another drink that appeared around 1000 A.D. was made from the whole coffee fruit, including the beans and the hull. It wasn’t until the 13th century that people began to roast coffee beans, the first step in the process of making coffee as we know it today.

The word “coffee” has roots in several languages. In Yemen it earned the name qahwah, which was originally a romantic term for wine. It later became the Turkish kahveh, then Dutch コーヒー and finally コーヒー 英語で。

The modern version of roasted coffee originated in Arabia. During the 13th century, coffee was extremely popular with the Muslim community for its stimulant powers, which proved useful during long prayer sessions. By parching and boiling the coffee beans, rendering them infertile, the Arabs were able to corner the market on coffee crops. In fact, tradition says that not a single coffee plant existed outside of Arabia or Africa until the 1600s, when Baba Budan, an Indian pilgrim, left Mecca with fertile beans fastened to a strap across his abdomen. Baba’s beans resulted in a new and competitive European coffee trade.

In 1616, the Dutch founded the first European-owned coffee estate in Sri Lanka, then Ceylon, then Java in 1696. The French began growing coffee in the Caribbean, followed by the Spanish in Central America and the Portuguese in Brazil. European coffee houses sprang up in Italy and later France, where they reached a new level of popularity. Now, it is de rigueur for Parisians to indulge in a cup of coffee and a baguette or croissant at the numerous coffee cafes throughout Paris.

Coffee plants reached the New World during the early 18th century, though the drink wasn’t really popular in America until the Boston Tea Party of 1773, when making the switch from tea to coffee became something of a patriotic duty. The Civil War and other conflicts that followed also helped to increase coffee consumption, as soldiers relied on the caffeine for a boost of energy. It may have started a bit later here, but Americans love coffee just as much as the rest of the world. Teddy Roosevelt himself is counted among America’s great coffee drinkers due to his rumored consumption of a gallon of coffee daily! Roosevelt is also said to have coined Maxwell House’s famous “Good to the Last Drop” slogan after being served the coffee at Andrew Jackson’s historical home, the Hermitage, in Tennessee.

By the late 1800s, coffee had become a worldwide commodity, and entrepreneurs began looking for new ways to profit from the popular beverage. In 1864, John and Charles Arbuckle, brothers from Pittsburgh, purchased Jabez Burns’ newly invented self-emptying coffee bean roaster. The Arbuckle brothers began selling pre-roasted coffee in paper bags by the pound. They named their coffee “Ariosa,” and found great success selling it to the cowboys of the American West. It wasn’t long before James Folger followed suit and began selling coffee to the gold miners of California. This blazed the trail for several other big name coffee producers, including Maxwell House and Hills Brothers.

In the 1960s, a certain awareness for specialty coffee started to grow, inspiring the opening of the first Starbucks in Seattle in 1971. Today, the grass-roots coffee movement continues to grow with the increase of small independently-owned cafes boasting sustainable, locally roasted, fair trade beans. Coffee has become an artistic trade that is valued for its complexity of flavors and terroir, much like wine.

From a simple cup of black coffee to a complex, multi-adjective Starbucks order, each coffee drinker has their own favorite way of indulging in this caffeinated wonder-drink. Here are six coffee-inspired recipes that will give you some new ways to enjoy this ancient beverage.


The Caffeinated History of Coffee

On her website ToriAvey.com, Tori Avey explores the story behind the food — why we eat what we eat, how the recipes of different cultures have evolved, and how yesterday’s recipes can inspire us in the kitchen today. Learn more about Tori and The History Kitchen.

Second only to oil, coffee is the most valuable legally traded commodity in the world. We love it, we rely on it, and we drink it in massive quantities. It is estimated that 2.25 billion cups of coffee are consumed each day worldwide. New Yorkers are said to drink 7 times the amount of any other U.S. city, which is why it may seem like there is a Starbucks on every corner of Manhattan. Famed French writer and philosopher Voltaire was rumored to have drunk 40 – 50 cups per day. Coffee is a daily ritual in the lives of millions of humans around the globe. Where exactly did this caffeinated phenomenon begin?

As with most foods that have been around for centuries, coffee’s beginnings are enveloped in mystery and lore. There is a popular Ethiopian legend wherein coffee is discovered by a goat herder named Kaldi, who found his goats frolicking and full of energy after eating the red fruit of the coffee shrub. Kaldi tried the fruit for himself and had a similar reaction. After witnessing their strange behavior, a monk took some of the fruit back to his fellow monks they too spent the night awake and alert. Of course, they would have been reacting to coffee’s high dose of caffeine. This natural stimulant also serves as an inborn plant pesticide, protecting the coffee fruit from insects.

Before coffee became our morning beverage of choice, it appeared in a variety of different preparations. In its most basic, unprocessed form, coffee is a cherry-like fruit, which becomes red when ripe the coffee bean is found at the center of the red coffee fruit. Early on, the fruit were mixed with animal fat to create a protein rich snack bar. At one point, the fermented pulp was used to make a wine-like concoction incidentally, a similar beverage was made from the cacao fruit, before the advent of chocolate, which goes to show that humans are especially adept at finding new ways to imbibe. Another drink that appeared around 1000 A.D. was made from the whole coffee fruit, including the beans and the hull. It wasn’t until the 13th century that people began to roast coffee beans, the first step in the process of making coffee as we know it today.

The word “coffee” has roots in several languages. In Yemen it earned the name qahwah, which was originally a romantic term for wine. It later became the Turkish kahveh, then Dutch コーヒー and finally コーヒー 英語で。

The modern version of roasted coffee originated in Arabia. During the 13th century, coffee was extremely popular with the Muslim community for its stimulant powers, which proved useful during long prayer sessions. By parching and boiling the coffee beans, rendering them infertile, the Arabs were able to corner the market on coffee crops. In fact, tradition says that not a single coffee plant existed outside of Arabia or Africa until the 1600s, when Baba Budan, an Indian pilgrim, left Mecca with fertile beans fastened to a strap across his abdomen. Baba’s beans resulted in a new and competitive European coffee trade.

In 1616, the Dutch founded the first European-owned coffee estate in Sri Lanka, then Ceylon, then Java in 1696. The French began growing coffee in the Caribbean, followed by the Spanish in Central America and the Portuguese in Brazil. European coffee houses sprang up in Italy and later France, where they reached a new level of popularity. Now, it is de rigueur for Parisians to indulge in a cup of coffee and a baguette or croissant at the numerous coffee cafes throughout Paris.

Coffee plants reached the New World during the early 18th century, though the drink wasn’t really popular in America until the Boston Tea Party of 1773, when making the switch from tea to coffee became something of a patriotic duty. The Civil War and other conflicts that followed also helped to increase coffee consumption, as soldiers relied on the caffeine for a boost of energy. It may have started a bit later here, but Americans love coffee just as much as the rest of the world. Teddy Roosevelt himself is counted among America’s great coffee drinkers due to his rumored consumption of a gallon of coffee daily! Roosevelt is also said to have coined Maxwell House’s famous “Good to the Last Drop” slogan after being served the coffee at Andrew Jackson’s historical home, the Hermitage, in Tennessee.

By the late 1800s, coffee had become a worldwide commodity, and entrepreneurs began looking for new ways to profit from the popular beverage. In 1864, John and Charles Arbuckle, brothers from Pittsburgh, purchased Jabez Burns’ newly invented self-emptying coffee bean roaster. The Arbuckle brothers began selling pre-roasted coffee in paper bags by the pound. They named their coffee “Ariosa,” and found great success selling it to the cowboys of the American West. It wasn’t long before James Folger followed suit and began selling coffee to the gold miners of California. This blazed the trail for several other big name coffee producers, including Maxwell House and Hills Brothers.

In the 1960s, a certain awareness for specialty coffee started to grow, inspiring the opening of the first Starbucks in Seattle in 1971. Today, the grass-roots coffee movement continues to grow with the increase of small independently-owned cafes boasting sustainable, locally roasted, fair trade beans. Coffee has become an artistic trade that is valued for its complexity of flavors and terroir, much like wine.

From a simple cup of black coffee to a complex, multi-adjective Starbucks order, each coffee drinker has their own favorite way of indulging in this caffeinated wonder-drink. Here are six coffee-inspired recipes that will give you some new ways to enjoy this ancient beverage.


The Caffeinated History of Coffee

On her website ToriAvey.com, Tori Avey explores the story behind the food — why we eat what we eat, how the recipes of different cultures have evolved, and how yesterday’s recipes can inspire us in the kitchen today. Learn more about Tori and The History Kitchen.

Second only to oil, coffee is the most valuable legally traded commodity in the world. We love it, we rely on it, and we drink it in massive quantities. It is estimated that 2.25 billion cups of coffee are consumed each day worldwide. New Yorkers are said to drink 7 times the amount of any other U.S. city, which is why it may seem like there is a Starbucks on every corner of Manhattan. Famed French writer and philosopher Voltaire was rumored to have drunk 40 – 50 cups per day. Coffee is a daily ritual in the lives of millions of humans around the globe. Where exactly did this caffeinated phenomenon begin?

As with most foods that have been around for centuries, coffee’s beginnings are enveloped in mystery and lore. There is a popular Ethiopian legend wherein coffee is discovered by a goat herder named Kaldi, who found his goats frolicking and full of energy after eating the red fruit of the coffee shrub. Kaldi tried the fruit for himself and had a similar reaction. After witnessing their strange behavior, a monk took some of the fruit back to his fellow monks they too spent the night awake and alert. Of course, they would have been reacting to coffee’s high dose of caffeine. This natural stimulant also serves as an inborn plant pesticide, protecting the coffee fruit from insects.

Before coffee became our morning beverage of choice, it appeared in a variety of different preparations. In its most basic, unprocessed form, coffee is a cherry-like fruit, which becomes red when ripe the coffee bean is found at the center of the red coffee fruit. Early on, the fruit were mixed with animal fat to create a protein rich snack bar. At one point, the fermented pulp was used to make a wine-like concoction incidentally, a similar beverage was made from the cacao fruit, before the advent of chocolate, which goes to show that humans are especially adept at finding new ways to imbibe. Another drink that appeared around 1000 A.D. was made from the whole coffee fruit, including the beans and the hull. It wasn’t until the 13th century that people began to roast coffee beans, the first step in the process of making coffee as we know it today.

The word “coffee” has roots in several languages. In Yemen it earned the name qahwah, which was originally a romantic term for wine. It later became the Turkish kahveh, then Dutch コーヒー and finally コーヒー 英語で。

The modern version of roasted coffee originated in Arabia. During the 13th century, coffee was extremely popular with the Muslim community for its stimulant powers, which proved useful during long prayer sessions. By parching and boiling the coffee beans, rendering them infertile, the Arabs were able to corner the market on coffee crops. In fact, tradition says that not a single coffee plant existed outside of Arabia or Africa until the 1600s, when Baba Budan, an Indian pilgrim, left Mecca with fertile beans fastened to a strap across his abdomen. Baba’s beans resulted in a new and competitive European coffee trade.

In 1616, the Dutch founded the first European-owned coffee estate in Sri Lanka, then Ceylon, then Java in 1696. The French began growing coffee in the Caribbean, followed by the Spanish in Central America and the Portuguese in Brazil. European coffee houses sprang up in Italy and later France, where they reached a new level of popularity. Now, it is de rigueur for Parisians to indulge in a cup of coffee and a baguette or croissant at the numerous coffee cafes throughout Paris.

Coffee plants reached the New World during the early 18th century, though the drink wasn’t really popular in America until the Boston Tea Party of 1773, when making the switch from tea to coffee became something of a patriotic duty. The Civil War and other conflicts that followed also helped to increase coffee consumption, as soldiers relied on the caffeine for a boost of energy. It may have started a bit later here, but Americans love coffee just as much as the rest of the world. Teddy Roosevelt himself is counted among America’s great coffee drinkers due to his rumored consumption of a gallon of coffee daily! Roosevelt is also said to have coined Maxwell House’s famous “Good to the Last Drop” slogan after being served the coffee at Andrew Jackson’s historical home, the Hermitage, in Tennessee.

By the late 1800s, coffee had become a worldwide commodity, and entrepreneurs began looking for new ways to profit from the popular beverage. In 1864, John and Charles Arbuckle, brothers from Pittsburgh, purchased Jabez Burns’ newly invented self-emptying coffee bean roaster. The Arbuckle brothers began selling pre-roasted coffee in paper bags by the pound. They named their coffee “Ariosa,” and found great success selling it to the cowboys of the American West. It wasn’t long before James Folger followed suit and began selling coffee to the gold miners of California. This blazed the trail for several other big name coffee producers, including Maxwell House and Hills Brothers.

In the 1960s, a certain awareness for specialty coffee started to grow, inspiring the opening of the first Starbucks in Seattle in 1971. Today, the grass-roots coffee movement continues to grow with the increase of small independently-owned cafes boasting sustainable, locally roasted, fair trade beans. Coffee has become an artistic trade that is valued for its complexity of flavors and terroir, much like wine.

From a simple cup of black coffee to a complex, multi-adjective Starbucks order, each coffee drinker has their own favorite way of indulging in this caffeinated wonder-drink. Here are six coffee-inspired recipes that will give you some new ways to enjoy this ancient beverage.


The Caffeinated History of Coffee

On her website ToriAvey.com, Tori Avey explores the story behind the food — why we eat what we eat, how the recipes of different cultures have evolved, and how yesterday’s recipes can inspire us in the kitchen today. Learn more about Tori and The History Kitchen.

Second only to oil, coffee is the most valuable legally traded commodity in the world. We love it, we rely on it, and we drink it in massive quantities. It is estimated that 2.25 billion cups of coffee are consumed each day worldwide. New Yorkers are said to drink 7 times the amount of any other U.S. city, which is why it may seem like there is a Starbucks on every corner of Manhattan. Famed French writer and philosopher Voltaire was rumored to have drunk 40 – 50 cups per day. Coffee is a daily ritual in the lives of millions of humans around the globe. Where exactly did this caffeinated phenomenon begin?

As with most foods that have been around for centuries, coffee’s beginnings are enveloped in mystery and lore. There is a popular Ethiopian legend wherein coffee is discovered by a goat herder named Kaldi, who found his goats frolicking and full of energy after eating the red fruit of the coffee shrub. Kaldi tried the fruit for himself and had a similar reaction. After witnessing their strange behavior, a monk took some of the fruit back to his fellow monks they too spent the night awake and alert. Of course, they would have been reacting to coffee’s high dose of caffeine. This natural stimulant also serves as an inborn plant pesticide, protecting the coffee fruit from insects.

Before coffee became our morning beverage of choice, it appeared in a variety of different preparations. In its most basic, unprocessed form, coffee is a cherry-like fruit, which becomes red when ripe the coffee bean is found at the center of the red coffee fruit. Early on, the fruit were mixed with animal fat to create a protein rich snack bar. At one point, the fermented pulp was used to make a wine-like concoction incidentally, a similar beverage was made from the cacao fruit, before the advent of chocolate, which goes to show that humans are especially adept at finding new ways to imbibe. Another drink that appeared around 1000 A.D. was made from the whole coffee fruit, including the beans and the hull. It wasn’t until the 13th century that people began to roast coffee beans, the first step in the process of making coffee as we know it today.

The word “coffee” has roots in several languages. In Yemen it earned the name qahwah, which was originally a romantic term for wine. It later became the Turkish kahveh, then Dutch コーヒー and finally コーヒー 英語で。

The modern version of roasted coffee originated in Arabia. During the 13th century, coffee was extremely popular with the Muslim community for its stimulant powers, which proved useful during long prayer sessions. By parching and boiling the coffee beans, rendering them infertile, the Arabs were able to corner the market on coffee crops. In fact, tradition says that not a single coffee plant existed outside of Arabia or Africa until the 1600s, when Baba Budan, an Indian pilgrim, left Mecca with fertile beans fastened to a strap across his abdomen. Baba’s beans resulted in a new and competitive European coffee trade.

In 1616, the Dutch founded the first European-owned coffee estate in Sri Lanka, then Ceylon, then Java in 1696. The French began growing coffee in the Caribbean, followed by the Spanish in Central America and the Portuguese in Brazil. European coffee houses sprang up in Italy and later France, where they reached a new level of popularity. Now, it is de rigueur for Parisians to indulge in a cup of coffee and a baguette or croissant at the numerous coffee cafes throughout Paris.

Coffee plants reached the New World during the early 18th century, though the drink wasn’t really popular in America until the Boston Tea Party of 1773, when making the switch from tea to coffee became something of a patriotic duty. The Civil War and other conflicts that followed also helped to increase coffee consumption, as soldiers relied on the caffeine for a boost of energy. It may have started a bit later here, but Americans love coffee just as much as the rest of the world. Teddy Roosevelt himself is counted among America’s great coffee drinkers due to his rumored consumption of a gallon of coffee daily! Roosevelt is also said to have coined Maxwell House’s famous “Good to the Last Drop” slogan after being served the coffee at Andrew Jackson’s historical home, the Hermitage, in Tennessee.

By the late 1800s, coffee had become a worldwide commodity, and entrepreneurs began looking for new ways to profit from the popular beverage. In 1864, John and Charles Arbuckle, brothers from Pittsburgh, purchased Jabez Burns’ newly invented self-emptying coffee bean roaster. The Arbuckle brothers began selling pre-roasted coffee in paper bags by the pound. They named their coffee “Ariosa,” and found great success selling it to the cowboys of the American West. It wasn’t long before James Folger followed suit and began selling coffee to the gold miners of California. This blazed the trail for several other big name coffee producers, including Maxwell House and Hills Brothers.

In the 1960s, a certain awareness for specialty coffee started to grow, inspiring the opening of the first Starbucks in Seattle in 1971. Today, the grass-roots coffee movement continues to grow with the increase of small independently-owned cafes boasting sustainable, locally roasted, fair trade beans. Coffee has become an artistic trade that is valued for its complexity of flavors and terroir, much like wine.

From a simple cup of black coffee to a complex, multi-adjective Starbucks order, each coffee drinker has their own favorite way of indulging in this caffeinated wonder-drink. Here are six coffee-inspired recipes that will give you some new ways to enjoy this ancient beverage.


The Caffeinated History of Coffee

On her website ToriAvey.com, Tori Avey explores the story behind the food — why we eat what we eat, how the recipes of different cultures have evolved, and how yesterday’s recipes can inspire us in the kitchen today. Learn more about Tori and The History Kitchen.

Second only to oil, coffee is the most valuable legally traded commodity in the world. We love it, we rely on it, and we drink it in massive quantities. It is estimated that 2.25 billion cups of coffee are consumed each day worldwide. New Yorkers are said to drink 7 times the amount of any other U.S. city, which is why it may seem like there is a Starbucks on every corner of Manhattan. Famed French writer and philosopher Voltaire was rumored to have drunk 40 – 50 cups per day. Coffee is a daily ritual in the lives of millions of humans around the globe. Where exactly did this caffeinated phenomenon begin?

As with most foods that have been around for centuries, coffee’s beginnings are enveloped in mystery and lore. There is a popular Ethiopian legend wherein coffee is discovered by a goat herder named Kaldi, who found his goats frolicking and full of energy after eating the red fruit of the coffee shrub. Kaldi tried the fruit for himself and had a similar reaction. After witnessing their strange behavior, a monk took some of the fruit back to his fellow monks they too spent the night awake and alert. Of course, they would have been reacting to coffee’s high dose of caffeine. This natural stimulant also serves as an inborn plant pesticide, protecting the coffee fruit from insects.

Before coffee became our morning beverage of choice, it appeared in a variety of different preparations. In its most basic, unprocessed form, coffee is a cherry-like fruit, which becomes red when ripe the coffee bean is found at the center of the red coffee fruit. Early on, the fruit were mixed with animal fat to create a protein rich snack bar. At one point, the fermented pulp was used to make a wine-like concoction incidentally, a similar beverage was made from the cacao fruit, before the advent of chocolate, which goes to show that humans are especially adept at finding new ways to imbibe. Another drink that appeared around 1000 A.D. was made from the whole coffee fruit, including the beans and the hull. It wasn’t until the 13th century that people began to roast coffee beans, the first step in the process of making coffee as we know it today.

The word “coffee” has roots in several languages. In Yemen it earned the name qahwah, which was originally a romantic term for wine. It later became the Turkish kahveh, then Dutch コーヒー and finally コーヒー 英語で。

The modern version of roasted coffee originated in Arabia. During the 13th century, coffee was extremely popular with the Muslim community for its stimulant powers, which proved useful during long prayer sessions. By parching and boiling the coffee beans, rendering them infertile, the Arabs were able to corner the market on coffee crops. In fact, tradition says that not a single coffee plant existed outside of Arabia or Africa until the 1600s, when Baba Budan, an Indian pilgrim, left Mecca with fertile beans fastened to a strap across his abdomen. Baba’s beans resulted in a new and competitive European coffee trade.

In 1616, the Dutch founded the first European-owned coffee estate in Sri Lanka, then Ceylon, then Java in 1696. The French began growing coffee in the Caribbean, followed by the Spanish in Central America and the Portuguese in Brazil. European coffee houses sprang up in Italy and later France, where they reached a new level of popularity. Now, it is de rigueur for Parisians to indulge in a cup of coffee and a baguette or croissant at the numerous coffee cafes throughout Paris.

Coffee plants reached the New World during the early 18th century, though the drink wasn’t really popular in America until the Boston Tea Party of 1773, when making the switch from tea to coffee became something of a patriotic duty. The Civil War and other conflicts that followed also helped to increase coffee consumption, as soldiers relied on the caffeine for a boost of energy. It may have started a bit later here, but Americans love coffee just as much as the rest of the world. Teddy Roosevelt himself is counted among America’s great coffee drinkers due to his rumored consumption of a gallon of coffee daily! Roosevelt is also said to have coined Maxwell House’s famous “Good to the Last Drop” slogan after being served the coffee at Andrew Jackson’s historical home, the Hermitage, in Tennessee.

By the late 1800s, coffee had become a worldwide commodity, and entrepreneurs began looking for new ways to profit from the popular beverage. In 1864, John and Charles Arbuckle, brothers from Pittsburgh, purchased Jabez Burns’ newly invented self-emptying coffee bean roaster. The Arbuckle brothers began selling pre-roasted coffee in paper bags by the pound. They named their coffee “Ariosa,” and found great success selling it to the cowboys of the American West. It wasn’t long before James Folger followed suit and began selling coffee to the gold miners of California. This blazed the trail for several other big name coffee producers, including Maxwell House and Hills Brothers.

In the 1960s, a certain awareness for specialty coffee started to grow, inspiring the opening of the first Starbucks in Seattle in 1971. Today, the grass-roots coffee movement continues to grow with the increase of small independently-owned cafes boasting sustainable, locally roasted, fair trade beans. Coffee has become an artistic trade that is valued for its complexity of flavors and terroir, much like wine.

From a simple cup of black coffee to a complex, multi-adjective Starbucks order, each coffee drinker has their own favorite way of indulging in this caffeinated wonder-drink. Here are six coffee-inspired recipes that will give you some new ways to enjoy this ancient beverage.